FC2ブログ
Loading…

Posted by 名大ラグビー部 on 10.2014 お知らせ   0 comments   0 trackback
石原君が既にブログを書いている人に回しているのに気づいたので私、まみつがブログを書かせていただきます。

中学では野球部に所属しておりましたが、下手だったのと厨二病という病にかかり、悪い事ばかりしてチャンラーンしておりました。
そして旭野高校でラグビーを始めました。始めた当初は体重も60キロ程度しかなく、ベンチプレスも35キロという体たらくでしたので、よく吹っ飛ばされておりました。僕がもやしやマッチ棒と呼ばれていたのも無理ありません。下手くそだったので何度かグレそうになりました。しかし一年の時先輩達が花園大会に出場したことやコーチの方にお前は他の事は何もできなくても、タックルしてすぐ立ち上がってまたタックルして・・・というプレーを極めればすごいプレイヤーになれると言われ、ラグビーに真剣に取り組むようになりました。この頃の僕はノックオン王で、チームエラーの半分は僕していたというプレイヤーだった事を注釈しておきます。何かに熱をもって取り組むというのはやってみると強烈な体験であり、きついけれども何よりも素晴らしい体験だったと思います。そしてラグビーにのめり込むようになり、今に至ります。

ラグビーというのはどんな人間でも熱くなれるということが素晴らしいと思います。野球などはうまい人だけが楽しめる感じがありますが、ラグビーはどんな人間にも活躍の場があります。そして熱が一番大事だと教えてくれるスポーツであります。

何が言いたいかというと、みんなラグビーを始めて、名大ラグビー部に入ってください、ということです。チャンラーンしている時には味わえない体験ができると思います。

次はなおたけに回します。

Posted by 名大ラグビー部 on 04.2014 お知らせ   0 comments   0 trackback
いつもお世話になっております。

農学部1年石原悠平と申します。

僕は大学に入ってラグビーやるか柔道やるか迷っていました。どちらも男、いや漢を上げるスポーツですがやはり社会にでて試されるのは協調性だと思い、ラグビーを選びました。見た目的に泥臭いスポーツという印象はありますが最近のラガーマンはいい洗剤を使っているのか、「ええ?!お前が?!」っていう明らかに汗臭そうなやつが案外いい香りがするもので、随分昔の印象とはガラリと変わったようです。

ラグビーの醍醐味、それはコンタクトプレーにあるでしょう。道端で一般市民にタックルをきめたら現在の法律上では監獄に送られます。しかしラグビーコート上ではそれが、許されるんです!許されるどころか、ナイスタックルを決めた戦士は英雄として祭り上げられます。戦争時の英雄も時代を間違えればただの人殺しにすぎないとはいいますが、タックルにも時と場合によっては富をもたらします。ボールを持ったやつに全身全霊のタックルを喰らわせる、その時生まれるのが絆というやつです。絆というのはその瞬間にのみ初めて顔を出すのです。

私は今ではせいぜい原付に張り合える程度ですが、これからくる四年間のラグビー生活を通してアメリカンバイク、そしてゆくゆくは軽自動車にも張り合えるようなフィジカルを鍛えあげたいと思います。長らくご静聴ありがとうございました。

次は...平澤くんです!

Posted by 名大ラグビー部 on 28.2014 お知らせ   0 comments   0 trackback
こんばんは!
理学部で新入部員の酒井洋二です。

自己紹介させていただきます。
僕の出身は長野県上田市にある、上田高校という公立高校で
中学の頃は剣道、高校の頃はバドミントンとラグビーとは縁のない生活を送っていました。
しかし、大学では本気で一つのスポーツに取り組もうと思い、浪人時代お世話になった先生の勧めもありラグビー部に入部することを決意しました。

入部後の感想ですが、とても良い先輩方に恵まれ部活の雰囲気がよいので練習はきついですが毎日がとても充実しています。

とりあえず、今の目標は体重を90キロまで増やしてしっかりと体作りをすることです。
体力には自信のない僕ですがこれから頑張っていきたいと思います。

次は石原君に回したいと思います。

Posted by 名大ラグビー部 on 25.2014 お知らせ   0 comments   0 trackback
こんばんは 新入部員の仕藤賢斗です
自己紹介をさせて頂きます

出身は愛知県の東海高校で
中学の頃はサッカー部にて幽霊部員を
高校ではラグビー部でウィングをさせて頂いておりました

大学では、ラグビー部か軽音サークルに入ろう、と思ってはいましたが、正直、新歓期に入る前の段階では、受験期間中に失った体力筋力や、大学ラグビーのレベルの高さ等の理由で、軽音サークルの方へと気持ちが傾いておりました

しかし、タグラグビー大会、又そのイベントでチームリーダーだった野村主将の説得を通して、ラグビー熱が再燃し、体験練習後のサイゼリヤにて、先輩方と既に入部していた同期からの猛プッシュを受け、気が付いたら入部宣言しておりました
後悔はしておりません 背中を押して頂いた皆様、ありがとうございました

入部後の感想ですが、部活の雰囲気はとても良く、筋トレ、体力作りが中心のメニューも、肉体面の事は入部前から特に気にしていたので、とてもありがたいです
経済をやる為に大学に入った筈が、今ではラグビーをやる為に大学に通っている状態になっていました(悪い意味では無く)

取り敢えず今は、練習に参加できるだけの身体を作る事を目標に頑張りたいです

長々と失礼しました これからもよろしくお願いいたします

次は洋二(酒井)君に回したいと思います

Posted by 名大ラグビー部 on 24.2014 お知らせ   0 comments   0 trackback
こんばんは!
経済学部で、新入部員の桑野幸亮です。

僕も自己紹介をさせていただきます。
出身は大阪府の箕面自由学園という私立の高校です。
アメフト部や吹奏楽部が強い高校で、知ってる方もおられるでしょうか。
小学校のとき、僕は地元のラグビースクールに週一回通い、ラグビーをしていました。
しんどいスポーツだったので、すごく嫌々やっていたのを覚えています。
中学、高校時代は部活動はせず、生徒会などの文化系のことばかりしていました。

そんな僕は、名大に入学する前からラグビー部に入ろうと決めていました。
昔は嫌々やっていたラグビーがまたやりたくなったのです。
それで実際に、新歓イベントに参加して、部の雰囲気がとても心地よくて、入部を決意しました。

今、僕はとてつもなく体力も筋力もありません。
同期や先輩方にも呆れられるほどです。
なので、これからしっかり筋トレなどをこなして、強いプレイヤーになれるように頑張ります。
こんな僕ですが、よろしくお願いします。

次は同じ新入生の仕藤くんに回します。
  

プロフィール

名大ラグビー部

Author:名大ラグビー部
comment:
なるべく長くつづけるために、
細く長く更新していきます。
応援よろしくお願いします。

アクセスカウンター:

現在の閲覧者数 :

文字サイズ

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

fontサイズを変更します。 増減方式で、 クッキーで状態を記録します。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR